コレクション : 公共図書館の「図書館便り」

公共図書館の広報誌を集めました。各図書館から掲載許可をいただいたものから順次掲載しています。

松江市立図書館ちどり

拡大して表示
このエントリーをはてなブックマークに追加

刊行頻度:月刊

図書館からのコメント
松江のシンボルである松江城は、千鳥が羽根を広げたように見える千鳥破風の屋根から、別名「千鳥城」と呼ばれています。
平成61年6月1日開館した図書館は、館報の名称を親しみやすい「ちどり」と名づけて、現在は年3回発行しています。2007年(H19)の開府400年に合わせて、松江藩に縁のあるテーマで、職員の総力をあげて取り組んでいます。1回の発行部数は2万5千部です。

表紙画像はNo.85(2011年3月春号)です。