コレクション : 図書館の読書記録手帳

読書履歴を記録するために手帳大の冊子「図書館の読書記録手帳」を集めました。

甲賀市図書館こども読書通帳 6年生用

掲載日:2018年10月29日
拡大して表示
拡大して表示
拡大して表示
このエントリーをはてなブックマークに追加
種別
自書タイプ
記入欄
日付、本の題名 作者、感想やメモなど、分類
図書館からのコメント

平成25年度より事業を開始しました。

目的は次の取りです。

  • 子どもたちが本を読む楽しさを知り、さらに深め、読書意欲を高める。
  • 市内の図書館や学校図書館または、移動図書館の利用を促進する。
  • 児童と図書館員がコミュニケーションをとることで図書館を身近に感じる。
  • 子どもたちに本の情報を提供し、共有する。
  • 小学校と図書館の連携を図る。

また、甲賀市のこども読書通帳は、図書館職員の手づくりです。
ストーリー構成から、掲載情報の取材、キャラクター等のデザインも図書館職員が行いました。
こども読書通帳から生まれた、たぬ吉とポン子は甲賀市図書館のキャラクターにもなっています。それぞれ1年かけて作成し、6年目の平成30年4月に6学年分が完成しました。

こども読書通帳は、甲賀市の各図書館及び移動図書館でスタンプを押しています。
図書館によって異なる図柄のスタンプを用意し、スタンプラリーの要素を加味したり、免許皆伝証は図書館でのみ発行するなど、図書館へ足を運んでもらえるような工夫を行っています。
また、小学校においても読書推進の一環として、授業や朝の読書タイムなどで活用されています。

6年生用 
見習い忍者のたぬ吉が、図書館の歴史や仕事について学び、図書館忍者になるというストーリー。 ページごとに図書館の歴史や仕事、滋賀県や甲賀市の図書館について解説、読書ビンゴや読書グラフも掲載。 50冊読破すると、図書館忍者免許皆伝証がもらえます。

入手方法
市内小学生を対象に小学校を通じて配布。汚破損・紛失及び2冊目以降は図書館内で配布。
※ 種別について
自書タイプ
利用者が自分で貸出記録を書き込む
お薬手帳タイプ
貸出記録が印字されたシールを貼り付ける
預金通帳タイプ
専用の機械で貸出記録を印字する