図書館のテーマ展示

男女共同参画センター横浜大切なことを教えてくれたのは、いつも少女マンガだった! 少女マンガでたどる30年

図書館からのコメント

男女共同参画センター横浜情報ライブラリでは、様々な企画展示を行っています。
11/15より、「少女マンガでたどる30年」展が始まりました。

話題の『逃げるは恥だが役に立つ』、『東京タラレバ娘』、多くの人に支持された『東京ラブストーリー』や『セーラームーン』など時代を代表する作品の紹介と共に、女性の生き方に多くの影響を与えてきた名作・少女マンガから見えるものをたどった少女マンガの魅力満載の展示です!

同時に、ドラマ化もされた2010年代を代表する名作・『プリンセスメゾン』の作者・池辺葵さんよりお借りした、貴重な複製原画の展示も同時開催中です。

同作品の「『王子様』を待たなくてもいい・自分の人生を自分で面倒を見る、ただそれだけのことに大きな意味がある・今の自分を大切にしつつ夢も手放さない」ことを教えてくれる新しい少女マンガ主人公、「沼ちゃん」の生き方には、今を生きるヒントがいっぱいです。

  • ★ マンガとマンガについての本は全て閲覧・貸出できます(横浜市内在住・在勤・在学・または当館講座にご参加の方)
  • ★ 機関誌「フォーラム通信」とタイアップした企画展示です。同時に「フォーラム通信」もぜひ、お読み下さい!
大切なことを教えてくれたのは、いつも少女マンガだった! 少女マンガでたどる30年
開催期間
2017年11月15日 ~ 2018年1月15日 ※ その後、系列間二館を巡回
展示場所
男女共同参画センター横浜 情報ライブラリ
図書館
男女共同参画センター横浜
このエントリーをはてなブックマークに追加