図書館のテーマ展示

神奈川県立川崎図書館ミニ展示:「辰野金吾と丸の内 -東京駅と近代建築の保存-」

図書館からのコメント

昨年10月に東京駅丸の内駅舎の保存・復原工事が終わりました。また、その少し前には、三菱一号館が復元され、旧東京中央郵便局舎が一部保存されるなど、近代建築保存のための工事が次々と行われています。

今回の展示では、建築家・辰野金吾に焦点をあて、辰野氏が手がけた東京駅丸の内駅舎と日本銀行本店について、現在どのような保存がなされているのかを歴史的背景に触れながら紹介します。
また、併せて、丸の内にある近代建築の保存について、三菱一号館や旧東京中央郵便局舎を例にとりあげて紹介します。

展示内容

  • 辰野金吾の生涯と手がけた建築物について
  • 建築物の保存方法の類型について
  • 東京駅丸の内駅舎について
  • 日本銀行本店本館について
  • など
ミニ展示:「辰野金吾と丸の内 -東京駅と近代建築の保存-」
開催期間
平成25年4月12日(金) ~ 7月10日(水)の開館日 (開館日・時間はこちらから)
展示場所
神奈川県立川崎図書館 2階展示コーナー
図書館
神奈川県立川崎図書館Webサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加