コレクション : 図書館の「テーマ展示」

図書館・資料室の展示をご紹介します。各図書館からご応募をいただいたものから順次掲載しています。

明治大学図書館城市郎文庫展―出版検閲と発禁本

このエントリーをはてなブックマークに追加

会期
6月5日(火)~7月22日(日)休館日6月29日(金)

場所
明治大学中央図書館1Fギャラリー(駿河台キャンパス・リバティタワー1F)

主な展示品
藤村操・岩本無縫編「煩悶記」、江戸川乱歩「蜘蛛男」、幸徳秋水「社会主義神髄」など、戦前期の「発禁本」約250点、ロレンス・伊藤整訳「チャタレイ夫人の恋人」など、戦後の摘発図書を展示。

パネル解説
「戦前期の出版法規と検閲の概略」、「大逆事件と言論弾圧」、 「弁護士・布施辰治発行『法律戦線』の発禁と新聞紙法」、 「検閲本のゆくえ」、「出版検閲と発禁本―戦後編」など。